膣カンジダの予防|膣カンジダに効果的な治療薬と予防方法をご紹介

膣カンジダの予防

薬とお水

膣カンジダは性器やその周辺に症状が出るため、デリケートな問題として深刻に考える人も多いです。
しかし、冒頭でも紹介したように、治療薬による薬物療法と日常的な予防をしておけば、充分治療することができる病気なので安心してください。
膣カンジダは自然治癒によって治ることもありますが、だからと言って放置していると危険な症状を引き起こしてしまう可能性もあるので、発覚した時点でしっかり治療しておきましょう。

まず膣カンジダの発症についてですが、性器に症状が出ることから性感染症の一種だと勘違いしている人も少なくありません。
しかし、これは女性なら誰しもが発症する可能性のある病気ですし、むしろ性行為によって感染するのは少ないです。
体調や生活習慣が原因で発症するケースがほとんどですので、ふだんからしっかりケアをしておきましょう。

膣カンジダは免疫力が衰えることで発症しやすくなる病気です。
そのため、予防法としてまず重視しておくべきなのが、免疫力を高く保っておくことです。
免疫力が衰えやすくなる原因としては、疲労やストレス、睡眠不足や風邪などが挙げられます。
どれも生活スタイル次第では簡単に起こりうる原因ばかりですので、常に意識しておくようにしましょう。

また、症状が出るデリケートゾーンは湿度・温度が一定に保たれた状態です。
実はカンジダ菌が増殖しやすい条件となっているため、少しでも増殖を防ぐために通気性の良い下着を着用するのも有効な手段です。
もちろんデリケートゾーンを清潔な状態に保っておくことも大切なのですが、だからといって洗いすぎてしまうと逆に危険です。
膣内の善玉菌まで流されてしまうと、自浄作用が弱まり、膣カンジダを発症する可能性が高まってしまいます。
清潔なことが大切とはいえ、刺激が少ない弱酸性の石鹸で外形部を洗うか、お湯で洗い流しておくだけで大丈夫ですよ。

どれも日常的に気をつけていれば改善できるものばかりですので、日頃からできるケアは自分でしておきましょう。