有効な治療薬の紹介|膣カンジダに効果的な治療薬と予防方法をご紹介

有効な治療薬の紹介

白いカプセルを手に乗せた女性

痒みやおりものの増加が主な症状となる膣カンジダは、女性からすればたまったものじゃありませんよね。
どんな女性でもすぐ治療したいと思うはず。
ただ症状が出るだけなら治療して終わりですが、原因となるカンジダ菌は条虫菌ということから再発する可能性も否めません。
そこで、もし膣カンジダにかかってしまったときのことを考え、有効な治療薬に関する知識を得ておきましょう。
膣カンジダの治療に適した医薬品は数多く開発されており、中には薬局で簡単に購入できるものもありますよ。

膣カンジダを治療するための治療薬には、主に2種類あります。
抗真菌剤を主成分とする膣剤と、患部に塗布する外用薬です。
膣剤にはエンペシドLやオキナゾールL100、メディトリートなどがあり、1日1回、6日間の服用で膣カンジダの症状を鎮めることができます。
外用薬としてはメンソレータム フレディCCクリームなどがあり、患部に直接塗ることで痒みを鎮めてくれます。
膣剤と外用薬は両方とも単体で充分な効果を発揮しますが、併用することによってさらに強い効果を発揮してくれます。
より確実に治療したい場合はどちらも購入しておくといいでしょう。

ただ、膣カンジダかどうか自信がない場合や、数ヶ月単位で再発を何度も繰り返している場合、無闇に治療薬を使うのではなく、医療機関に通って医師に相談してみることをオススメします。